• ホーム
  • トリコモナスはペットでも発症する!人間との違いと予防法

トリコモナスはペットでも発症する!人間との違いと予防法

トリコモナス症と言えば、女性の膣に感染することでかゆみやオリモノの変化や分泌量の増加などをもたらすことで知られていますが、近縁種がペットにも寄生することがあるのは御存知でしょうか。ペットのなかでも犬に感染するトリコモナス原虫があることが知られており、生活を共にする機会もある以上、人間への感染のリスクの有無になどについては気になるところです。それでは犬に感染するこかがあるトリコモナス原虫の違いと予防法などについて御紹介します。

犬のトリコモナス症は人間のように性器粘膜に感染するわけではなく、腸に寄生する点で際立った違いがあります。人間の場合は性器、とりわけ女性の膣に感染することで諸症状を引き起こし点で違いがあります。これに対して犬の場合は、腸管に寄生したからと言って特段の症状が出現することはないとされています。何らかの要因で消化管の機能が低下するなどがきっかけになって下痢などの症状をもたらすと見られているのです。

感染経路ですが、そもそも犬の腸管の結腸などではトリコモナス原虫は寄生していることは特に珍しいことではありませんが、外部からの感染経路として多いのは感染犬の糞便に、散歩の途中などに接触をもつことで体内に移行することがあるとされています。免疫機能が完成している成犬では無症状ですが、免疫機能が発達途上にある仔犬では粘液性や血液が混入した便が排出されます。しかしながら他の病原性微生物や寄生虫と合併感染していることも多いので、犬のトリコモナス原虫がどれほどの病原性を有しているのかは未解明の部分も大いにあります。治療は人間と同様にメトロニダゾールを投与することで行います。メトロニタゾールの有効成分は代謝されるとニトロソ化合物に変化し、原虫にたいするる細胞毒性を選択的に発揮するので駆除効果を発揮します。

犬のトリコモナス症の予防は、感染犬の糞便に接触を持たないように飼主さんの方で気を付ける必要があります。散歩時には犬の糞便が落ちているような場所への近接にあたっては、飼主さんがコントロールして好奇心の赴くままに近づかないように注意をはらってください。

ところで現在では人間の生活スペースが接近することが多いので、人間への病原性の有無が問題になります。人間に感染しても病原性をみせることはなく、また人間に寄生する膣トリコモナス原虫とは異なる種類に属するので相互に感染するリスクはないと考えられています。

関連記事
トリコモナスの性交渉以外の感染経路や症状を解説 2020年04月25日

トリコモナス症は性器に同名の原虫が寄生することで発症しますが、主に性交渉を介して感染が拡大するので性感染症のひとつと考えられています。男性の場合は尿道炎や前立腺炎、女性の場合は膣炎の原因になりますが症状が現れるのは圧倒的に女性が多い特徴をもっているのです。他の性感染症では感染者のコア層は性生活の活発...

コンジローマをしっかり治療する塗り薬を紹介します! 2020年03月19日

コンジローマは性器や肛門周辺に複数のイボが発生するのが主な症状で、かゆみや痛みなどの自覚症状に乏しいとされています。原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)には多数の種類があり、なかには子宮頸がんのリスクが高い種類も含まれてはいるものの、コンジローマの原因となる6型と11型のHPVはガン化のリスク...

クラミジア治療薬は個人輸入通販でこっそり購入がおすすめ! 2020年01月20日

クラミジアは自覚症状に乏しいことから、感染に気付かないまま長期間経過することもあるとされています。他方で半数程度の方では何らかの異変を性器やその周辺の部位で自覚していることから、全く異変を感じないというのもあまり考えられません。何らかの形で性器の違和感を自覚していても、適切に治療がされないまま放置さ...

クラミジアの症状は男女で違いがある!早期発見のための基礎知識 2020年01月05日

性器クラミジアは男性・女性ともに性感染症のなかでも年間新規患者数の第一位を記録していますが、性別によって症状には顕著な違いや、性別に応じて特徴が見られます。一般的にクラミジアは他の性感染症に比較しても、症状が穏やかで敏感に気をつけていないと見落としてしまう可能性も。しかし自然治癒することはほとんどな...

コンジローマの進行レベル別の症状|女性は将来の赤ちゃんへの影響も 2020年02月22日

コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)が感染することで発症するウイルス感染症で、主に生殖器や肛門などに発症します。HPVには100種類以上にも上るとされていますが、中でも6型と11型がコンジローマ発症に深く関与していると見られています。見た目は淡紅色かた褐色まで、進行に応じて色合いを変化させ...